the jumi

NEW STYLE · NEW THERAPY · NEW YORK

34週目ではじめて担当医に会った

43歳の高齢妊婦の私。

34週目になって昨日、

初めて私の担当してくれる産婦人科の

ドクターにお会いした。

 

 

というのは、今まで私を担当してくれてた

産婦人科のドクターは

あろうことか6月下旬で、

コロラド州へお引越し。

 

 

そのため彼の引き継ぎで

Dr. Murrayが私の担当医になった。

けど、彼女の予約がなかなか取れなくて

やっと昨日、お会いした。

 

 

つーか、遅くねぇ〜か?!

来月、出産なんすけど。。。

 

ちなみに、私が通ってる病院では

産婦人科のドクター、

ウルトラサウンド(超音波)を診るレントゲン技師(毎回変わる)、

ウルトラサウンド(超音波)専門のドクター(毎回変わる)、

妊娠糖尿病を診る専門の人(でもドクターではない)

と綺麗に役割分担されてます。

 

 

なので、全ての情報が

担当の産婦人科医までやってきてるか

ちょっと心配なんだよね〜

 

 

過去に時々、連絡事項が担当の産婦人科医まで

回ってないときもあったので。

アメリカあるある、病院でもいい加減。

 

 

こんな背景もあって

そのうえ初産の私、来月の出産、

かなりビビってま〜す!!!苦笑

 

 

で、診察してくれた時に

先週、ウルトラサウンドを診たドクターに

赤ちゃんがやや小さめだと

言われたことを彼女に伝えた。

 

 

でもあなたの骨盤はやや小さめだから

ちょうど良いかもね〜っと ♪

しかも妊娠糖尿病は、インスリンの影響で

巨大児が生まれるリスクが

高いこともあって

出産予定日より早めに

帝王切開で出産することが

よくあるんだそう。

 

 

そのことを考えたら

小さめでも正常範囲内の大きさなら

オッケーと言われて

少し安心しました。

 

 

ちなみに日本人とアメリカ人の出生児の

平均的な大きさは

日本人約3000グラム

アメリカ人約3500グラム

みたいです。

 

うちの子は、33週目で

1786グラムでした。

これから出産予定日まで

どれくらい大きく育つのだろうか?!

おかんは、ちょっと心配ですが……

 

 

 

★★★★★ セミナー受講生のご感想 ★★★★★

*受講生一覧 vol.3 (2016年〜2017年)

*受講生一覧 vol.2 (2013年〜2015年)

*受講生一覧 vol.1 (2010年〜2012年)

 

★★★★★ 全てのセミナー情報 ★★★★★

全てのセミナー講座はこちらをクリック

 

★★★★★ Art of the jumi NEWYORK ★★★★★

おしゃれでスピリチュアルをテーマにした

鍼灸師やセラピスト、ボディワーカー

目線から作ってるアート作品

by the jumi NEWYORK

をこっそり制作。笑

Instagramでひっそりとアップ中。笑

良かったらのぞいてみてね〜

Instagram: 




POST CATEGORY :