the jumi

NEW STYLE · NEW THERAPY · NEW YORK

技術と経験があればどこでも食べていける

息子は5カ月になりました!

 

現在私は

専業主婦なんぞやってます。

昨年妊娠4ヶ月まで

メディカルオフィスで4年ほど

働いてました。

そこでマッサージセラピストとして

日本人やアメ人、アメ人以外の外国人患者を

相手に働いておりました。

 

 

またメディカルオフィスで働きながら

日本へ年1〜2回一時帰国して

マッサージ技術と知識を教える

ワークショップを大阪メインで

時々、神戸、名古屋、東京でも

開催してました。

 

 

もうメディカルオフィスで

働いてないから言うけど

私さ、NY州のマッサージセラピストの

ライセンスは持ってないけど

今までの経験があったからこそ

採用されたんだよね。

 

 

その当時でも英語は全く上手くなかったけど

そこそこの技術があったから

すぐに私を指名してくれた

クライアントも多かった。

 

 

クライアントも大きく2つに分かれていて

保険が使えるメディカルオフィスだったので

カイロや理学療法と共に

保険の定めにより25分、45分という

ショートセッションのクライアント。

 

 

それ以外に保険を使わずに

実費でマッサージをして欲しい

クライアントもいてて

60分、90分、120分という

ロングセッションのクライアント。

私はその両方ともクライアントを

持ってました。

 

 

この2つのセッションは少し意義が違って

保険で使うクライアントは

痛みを前提にしてることも多く

短時間で治して欲しい主旨の元で来る。

保険で使わずに来るクライアントは

痛みもそこそこあって

さらにリラックスもしたいと言う

主旨で来るクライアントが多かった。

 

 

で、この大まかに分けた2種類の

クライアントたちを

自分の持ってる技術や知識を駆使して

セッションを行ってました。

 

 

オイルやクリームを使ったり

使わなかったり、指圧したり

ツボ押ししたり

ストレッチしたり

治す手技や

リラクゼーションや

ヒーリングの手技を使ったり

PNF使ったり

アロマ使ったりと

決められた時間内で

自分の判断で手技で治療したこと、

マッサージができたことが

何よりも良い経験になったなぁーと

振り返ってみて思います。

 

 

 

しかもニューヨークと言う場所柄

日本人やアメ人だけでなく

色んな国籍、職業の方々がいました。

ブロードウェイダンサーだったり

UN(国連)で働いてる職員だったり

元FBIだったり

アフリカにある国の元大統領だったり

元アイススケーターだったり

日本企業のCEOだったりと

日本にいてたらきっと出会えなかった

だろうと思うような職業の方が

多くいました。

 

 

身についた技術は裏切らないし

セラピストとしての自信も

ついてくる。

技術と経験があったら

どこでも生活しようと強く願えば

できると思いますよ〜

 

 

★★★★★ セミナー受講生のご感想 ★★★★★

*受講生一覧 vol.3 (2016年〜2017年)

*受講生一覧 vol.2 (2013年〜2015年)

*受講生一覧 vol.1 (2010年〜2012年)

 

★★★★★ 全てのセミナー情報 ★★★★★

全てのセミナー講座はこちらをクリック

 

★★★★★ Art of the jumi NEWYORK ★★★★★

おしゃれでスピリチュアルをテーマにした

鍼灸師やセラピスト、ボディワーカー

目線から作ってるアート作品

by the jumi NEWYORK

をこっそり制作。笑

Instagramでひっそりとアップ中。笑

良かったらのぞいてみてね〜

Instagram: 



POST CATEGORY :